消費生活相談

【札幌市の消費生活相談】 | 【土・日に利用できる相談窓口】

札幌市の消費生活相談

電話相談 | 来所相談 | インターネットからの相談受付

相談室の室内イメージ

市民のみなさんにお気軽にご利用いただける相談窓口を札幌市消費者センター内に開設しています。

相談はお電話でも、来所されてもけっこうです。ご相談は一切無料、秘密は厳守します。

消費生活相談をされるとき

次のことを準備されると、相談がスムーズに進みます。

  1. 相談は事情の分かる本人によることが望ましいです。
  2. 事前に相談内容を簡潔にまとめておいてください。
  3. 契約書・保証書・パンフレットなど相談に関する資料を用意しておいてください。

消費生活センターで受けられる相談

  • 悪質商法による被害、訪問販売・通信販売等における事業者とのトラブル
  • 安全性を欠く製品やエステティックサービス等による身体への被害 など

※  行政の対応に対する不満や要望(行政相談)、職場での不当な解雇(労働問題)、工場の汚水排出による環境事故(公害)などの相談はお受けできません。

※ 生命・身体に重大な危害を受けた場合、またはその危険が切迫している場合などは、まずは警察・消防にご連絡ください。

札幌市消費者センター消費生活相談室

相談のできる方

札幌市民 及び 札幌市内に通勤・通学等をしている方

※札幌市外にお住まいの方は、居住地の消費生活センターにご相談下さい。

電話相談

消費者ホットライン「188」
※局番は不要です。「嫌や!(イヤヤ!)泣き寝入り!」で覚えましょう。

または消費生活相談室 011-728-2121

月曜日〜金曜日 9時00分〜19時00分(祝日・年末年始12月29日〜1月3日を除く)


消費者ホットライン「188」の平日のご利用について

・平日に札幌市内にお住まいの方が消費者ホットラインにおかけいただくと、札幌市消費者センターの相談窓口(011-728-2121)につながります。

・札幌市消費者センターの回線がふさがっていて、つながらない場合は北海道立消費生活センターにつながります。(北海道立消費生活センターもつながらない場合は国民生活センターの相談窓口のガイダンスが流れます)

・利用料金は札幌市消費者センターなど相談窓口の回線につながった時点からの通話料金をご負担いただきます。(ガイダンス中の通話料金はかかりません)

・「188」から電話して1回で相談が終わらなかった場合は、次回からは相談を行った窓口の電話番号へおかけください。

※消費者ホットラインは、「誰もがアクセスしやすい相談窓口」として消費者庁が開設したものです。

来所相談

札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ2階 札幌市消費者センター

  • 月曜日〜金曜日 9時00分〜16時30分(祝日・年末年始12月29日〜1月3日を除く)

聴覚に障がいのある方(テレビ電話による手話通訳相談)

消費生活相談室では、平成23年(2011年)11月から、専用回線によるテレビ電話を用いて手話通訳者を介した相談を行っています。相談にお越しの際に、手話通訳者の同伴の必要はありません。

また、公益社団法人 札幌聴覚障害者協会(札幌市中央区大通西19丁目 札幌市視聴覚障がい者情報センター内 )にお越しいただいても相談が可能です。

相談時間は、月曜日〜金曜日 9時00分〜16時30分(祝日・年末年始12月29日〜1月3日を除く)です。

インターネットからの相談受付

相談室の開所時間内に相談をすることが困難な方のためにインターネットによる相談の受付をしています。

回答の内容は、ご相談者自らが解決ができるよう、消費生活トラブルへの対処法などのアドバイスや情報提供の範囲となります。

当ウェブページ内には、よくある相談と回答のページを開設しています。こちらのページもご覧ください。

【ゴールデンウィーク中のインターネット消費生活相談についてのお知らせ】

インターネット消費生活相談は、相談の受付後、回答までに5日程度(土日祝日除く)かかります。
(例)4月26日(水曜日)に相談を送信した場合、5月8日(月曜日)に回答予定
お休みの期間は、消費者ホットライン「188」土曜日・日曜日に利用できる相談窓口のご利用をお勧めいたします。
「よくある相談と悪質商法」のページに掲載された情報も参考にしてください。

このページの先頭へ↑

土曜日・日曜日に利用できる相談窓口

消費者ホットライン

消費者ホットライン「188」
※局番は不要です。「嫌や!(イヤヤ!)泣き寝入り!」で覚えましょう。

消費者ホットライン「188」の土日・祝日のご利用について

・土曜日・日曜日・祝日に札幌市内にお住まいの方が消費者ホットラインにおかけいただくと、国民生活センターに電話がつながります。
受付時間:10時00分〜16時00分(一部地域や年末年始、国民生活センターの建物点検日を除きます)

・利用料金は相談窓口の回線につながった時点から、ご利用の電話回線に応じた国民生活センター(東京都)までの通話料金がかかります。(ガイダンス中の通話料金はかかりません)

・国民生活センターでの相談受付は緊急避難的な助言を主に行っています。そのため、即日回答を原則としていますが、相談の内容によっては、継続して平日の相談対応、または地元の消費生活センターの紹介などを行う場合があります。

※消費者ホットラインは、「誰もがアクセスしやすい相談窓口」として消費者庁が開設したものです。

このページの先頭へ↑

公益社団法人全国消費生活相談員協会(外部リンク)

※平日は相談を受付していません

東京 電話 03-5614-0189
土曜、日曜日 10時00分〜12時00分、13時00分〜16時00分
大阪 電話 06-6203-7650
日曜日のみ  10時00分〜12時00分、13時00分〜16時00分
札幌 電話 011-612-7518
土曜日のみ  13時00分〜16時00分

公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(外部リンク)

※平日は相談を受付していません

東京 電話 03-6450-6631
日曜日のみ 11時00分〜16時00分
大阪 電話 06-4790-8110
土曜日のみ  10時00分〜16時00分

このページの先頭へ↑

←札幌市消費者センタートップページへ