ネットオークションの相談

ネットオークション

ネットオークションをはじめる前に何を注意したらいいか?

オークションをやってみたいと思っているが、初めてなので不安だ。何に注意したらいいか?

回答
ネットオークションは個人間取引が原則ですから、相手の信頼性の判断は、最終的に自分で行わなければなりません。安易に出品者側の情報を鵜呑みにせず、オークションサイトの運営者が提供しているトラブル情報などを参考にしましょう。
さらに、以下の点に注意してネットオークションを利用しましょう。
1.取引相手のメールアドレスや携帯電話番号だけでなく、住所・固定電話番号などの連絡先も確認し、事前に連絡を取りましょう。
2.エスクローサービス(注)などを利用しましょう。
(注)売り手と買い手の間にエスクローサービス提供会社が入り、まず、買い手から代金を一時的に預かる。買い手が商品の受領・内容物の確認を行った後にエスクローサービス提供会社が売り手に代金を支払うサービス
3.サイトの評価欄で、出品者の過去の取引状況を確認しましょう。
4.取引状況や相手とのやり取りをプリントし、振込の控えなどは保存しておきましょう。
しかし、100%のトラブル防止策というものは存在しません。

一つ前のページへ戻る

よくある相談事例と回答のページ「ジャンル一覧」に戻る→

<ネットオークションの相談>のページの先頭へ↑

海外のネットオークションで購入したギターが輸入禁止の商品だった

海外のネットオークションでギターを購入したが、ワシントン条約で輸入が規制されている材質だったため入手できなかった。

回答
海外のネットオークションでの商品購入は、個人輸入と同じです。そのため、落札し、代金を支払ったとしても、輸入の規制がかかっている商品は日本国内に入れる事ができないことがあります。
こういったトラブルを避けるために、自分が購入したいものが輸入規制の対象品かどうかを事前に調べるようにしましょう。
詳しくは輸出入禁止・規制品目(税関ホームページ)を参考にしてください。

一つ前のページへ戻る

よくある相談事例と回答のページ「ジャンル一覧」に戻る→

<ネットオークションの相談>のページの先頭へ↑

入札する度に手数料がかかるオークションサイト

格安の落札例が掲載されているオークションサイトを見つけたので利用した。しかし、入札毎に手数料がかかり、何度か入札したが結局落札できなかった。

回答
最近、一般販売価格に比べてはるかに安い価格での落札例を強調して掲載しているオークションサイトがあります。しかし、入札する都度有料のポイントが必要であったり、その旨の表示がQ&Aのみに記載されていたり、入札金額について一度に上乗せできる金額が数円〜数十円と固定されているケースが見られます。
このようなオークションサイトでは安く落札できるからといって入札を重ねても、入札手数料が積み重なり、最終的に落札できたとしても入札の手数料と落札価格を合計するとさほど安くはなかったということになる可能性があります。
利用する際には、利用規約や利用ガイド等を調べ、取引条件等の内容をよく確認しましょう。

一つ前のページへ戻る

よくある相談事例と回答のページ「ジャンル一覧」に戻る→

<ネットオークションの相談>のページの先頭へ↑

利用した覚えのないネットオークションサイトから出品手数料を請求された

何者かが勝手に私のIDを使って、数分間のうちに数十件もの商品を出品していた。最近、ネットオークションは利用しておらず、まったく身に覚えのないものばかりで、利用料金に関する請求がカード会社から届いて初めて知った。

オークションサイトにメールで連絡したが、何も連絡がない。カード会社では、「オークションサイトが請求してきたら払うしかない」という。
回答
ネットオークションは個人間取引が前提になっています。サイト業者は「ID、パスワードが一致した取引であれば通常取引と認識せざるを得ない」とし、第三者による不正利用と思われる場合はあくまでも消費者からの申し出があって初めて、サイト業者で確認することになります。第三者による不正利用であると確認されれば返金されています。
ネットオークションの利用者は、IDやパスワードを定期的に変更するなど適切に管理し、常に不正利用に対するリスクに備えることが必要です。
経済産業省では、特定商取引法に定める表示義務に違反しているとみられる出品者について、そのIDを公表:(独)国民生活センターホームページから転載しています。
インターネット・オークションにおける特定商取引法第11条違反者のID公表(経済産業省)

一つ前のページへ戻る

よくある相談事例と回答のページ「ジャンル一覧」に戻る→

<ネットオークションの相談>のページの先頭へ↑

インターネットオークションで商品を落札できなかったが、後日オークション外での取引を持ちかけられた

インターネットオークションに入札したが、商品を落札できなかった。しかし、翌日、出品者を名乗る人から「最高落札者が辞退されたので、直接購入しませんか」というメールが届いた。信用できるか。

回答
インターネットオークションで落札できなかったが、後日、出品者を名乗る人からオークション外での取引を持ちかけられるメールが届いた、という情報が寄せられています。さらに、連絡先を教え、代金を振り込んだが、その後連絡がつかなくなった、というトラブルが目立つので注意が必要です。こうした取引で被害に遭っても、オークションサイトの取引ではないため補償が受けられません。
また、このような連絡がきた場合相手に連絡してしまうと、自分の個人情報が伝わり、二次被害につながる恐れがあります。
トラブルを避けるためにも、このような取引には応じないようにしましょう。

一つ前のページへ戻る

よくある相談事例と回答のページ「ジャンル一覧」に戻る→

<ネットオークションの相談>のページの先頭へ↑

ネットオークションで落札した中古車、納車後すぐに不具合が起きた

ネットオークションで落札した中古車に、納車後まもなく不具合が発生した。調べてみると、不具合の原因である欠陥が見つかったが、購入時にはそのような情報はなかった。問題ではないか。

回答
ネットオークションは「現物・現状渡し」を前提としているケースが多く、不具合が起きた時のアフターケアなどは期待できないことがほとんどです。中古車と言えど、基本的にサイトに記載された説明など、限られた情報だけで入札判断をすることになります。現物を確認せずに購入することは、大きなリスクを伴う、ということを認識しておく必要があるでしょう。
万が一トラブルが起きた際のため、サイト上の説明や価格、出品者とのやり取りは記録として残しておきましょう。トラブルの際は、早めに消費者センター等に相談してください。

一つ前のページへ戻る

よくある相談事例と回答のページ「ジャンル一覧」に戻る→

<ネットオークションの相談>のページの先頭へ↑

ネットオークションで購入した携帯電話が、突然、通話もメールもできなくなった

新品の携帯電話をネットオークションで購入した。今まで使っていた携帯電話のSIMカードを挿し換えて使っていたら(注)、突然、通話の発着信とメールの送受信ができなくなった。携帯電話会社に問い合わせたら、「不正取得された携帯電話である可能性が高いので利用を制限した。利用制限の解除はしない」と告げられた。

回答
携帯電話会社によると、こうした制限は、盗難、本人確認書類の偽造、割賦の残債を払わないなどして不正取得された携帯電話が、「振り込め詐欺」等に利用されないよう、犯罪防止のために行っているとのことです。中古ショップやオークション等で購入した携帯電話では、前の所有者が携帯電話を不正取得していた場合に、このような制限がかけられることがあります。
携帯電話会社が利用制限を解除することがあるかは、携帯電話会社によっても異なりますが、このような制限を受けた場合には救済が難しいことがあります。
(注)携帯電話会社によっては、携帯電話にSIMカードを挿入するだけでは携帯電話回線に接続できないシステムを採用しているところもあります。

一つ前のページへ戻る

よくある相談事例と回答のページ「ジャンル一覧」に戻る→

<ネットオークションの相談>のページの先頭へ↑